介護・医療施設等で働く方の安全衛生 安全衛生について  
日頃の健康管理と健康診断の受診  

介護・医療施設等で
働く方の安全衛生

介護・医療の現場でのリスクと
予防について、重要な注意点と
対策を掲載しています。

介護・医療施設等で働く方の安全衛生
(1)腰痛対策
腰痛対策
(1)腰痛対策

介護中は、介護を受ける人を前かがみや中腰姿勢等で持ち上げたり、支えたりする事が多く、介護者の腰・腕・肩等に大きな負担がかかります。腰痛にならない為、介護・介助の正しい方法や姿勢を身につけましょう。

  • 中腰・ひねり・前かがみ等の不自然な姿勢をなるべくとらない
  • 急激な動作をなるべく取らず、姿勢を整えてからゆっくりと行う
  • 出来るだけ身体を対象者に近づけ、重心を低くして持ち上げる
  • ④一人で無理をして行わない
腰痛対策
(2)針刺し防止、片付け時等の注意点
針刺し防止、片付け時等の注意点
(2)針刺し防止、
片付け時等の注意点
  • 必ず手袋をする
  • 針が動く先に手や指をおかない
  • 注射や採血後の針は速やかに廃棄する
  • 使用後の針を手渡ししない
  • あわてない。ゆとりある作業場所を確保する
  • 一度外した注射針のキャップを、使用後にもう一度キャップをしない
  • 専用廃棄容器は満杯になる前に交換する
  • 薬品のアンプルや針・メス等を片付ける時は特にご注意!