安全衛生について

職場においてのリスクや健康管理
日頃の医療機関の受診についての理解を深めましょう。

安全衛生について
(1)「安全第一」
安全第一
(1)「安全第一」

職場において生産や品質を第一とするのではなく、
安全を何よりも重要に考えるという意味の
スローガンになります。

安全第一
(2)「5S」
整理、整頓、清掃、清潔、しつけ
(2)「5S」

5Sとは職場の管理の基盤づくりの活動で、「整理」、
整頓」、「清掃」、「清潔」、「しつけ」の頭文字の5つの「S」を
とったもの。職場環境の美化、従業員のモラル向上だけでなく、
業務の効率化、不具合流出の未然防止、職場の安全性向上
などの効果が期待できます。

(3)「ヒヤリハット」
ヒヤリハット
(3)「ヒヤリハット」

作業開始に遅れそうになって、構内を走ったり、
あわてて体制を変えたりする事は、転倒や
接触事故に繋がります。常に時間にゆとり
持って行動しましょう。毎朝の通勤についても同様です。

ヒヤリハット
(4)「KYT」
危険予知トレーニング
(4)「KYT」

危険予知トレーニングのことです。起こりうる事故を
想定し、あらかじめそれに備える訓練を行うものです。

(5)「リスクアセスメント」
リスクアセスメント
(5)「リスクアセスメント」

職場の潜在的な危険性又は有害性を見つけ出し、
これを除去、低減するための手法です。
あらかじめ把握された労働災害の重大性、
可能性を見積り、優先度の高いものから措置
講じていき、それを評価してさらに改善に繋げます。

リスクアセスメント